基礎知識

知っておきたい不妊治療の流れ

健康なカップルが妊娠を希望し、避妊していないにも関わらず、一年以上経過しても妊娠しない場合は不妊症の可能性があるかもしれません。不妊症ではないかと感じたならば、まずは病院でパートナーと一緒に検査してみましょう。結果によって不妊治療を必要とする場合がありますが、その際の不妊治療の流れについて説明します。

一般的な不妊治療

検査の結果によって治療方法は異なりますが、原因がはっきりと特定できない場合や人工授精をする必要がなくても妊娠する可能性がある場合には、一般不妊治療が行われます。

タイミング法

排卵日を基礎体温から予測し、排卵日の数日前に性行為をして妊娠確立を高める方法です。内容は自然妊娠と同じですが、病院での診察により排卵日予測の精度が高くなります。

排卵誘発法

排卵障害など排卵しにくい状態の場合は、排卵誘発剤を使用して排卵を起こして妊娠しやすくします。

人工授精

不妊の原因が主に男性側に認められるという場合、直接子宮に精子を注入して妊娠を促す方法です。

体外受精

男性、女性共に不妊の原因が認められ、人工授精までの治療では妊娠が困難であるという場合に体外受精を行います。精子・卵子をそれぞれ採取し、体外で受精させてから、培養した受精卵を子宮内に戻します。

顕微授精

精子の状態が悪い場合、体外での受精が難しいので、精子を直接卵子に注入して受精させます。その後培養した受精卵を子宮に戻します。

不妊治療は、一般の不妊治療から少しずつ高度な治療へとステップアップして行うのが一般的です。しかし、検査の段階で一般的な不妊治療ができないと診断されることもあるので、まずは検査を受けることから始めてみましょう。

-基礎知識